下の画像をクリックすると拡大写真がご覧いただけます

冬の植物園が好きだ
京都府立植物園

冬の植物園が好きだ, 京都府立植物園

Posted 2009.12.18


冬の植物園が好きだ。乾燥した落ち葉を踏む音や小鳥のさえずりが ピンと張った空気と響きあうのだ。
(撮影:2009年12月18日)

 
SAKURA 2010

SAKURA 2010, 桜 2010年

Posted 2010.04.09


今年の桜は近所の公園で済ませた。
(撮影:2010年04月09日)

 
京都・三十三間堂の凛とした潔さ

京都・三十三間堂の凛とした潔さ

Posted 2009.11.25


三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)は京都市東山区にある仏堂。建物の正式名称は蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)。同じ京都市東山区にある天台宗妙法院の境外仏堂であり、同院が所有・管理している。元は後白河上皇が自身の離宮内に創建した仏堂で、本尊は千手観音である。
(撮影:2009年09月07日)

 

 
京都御苑のカタチ

京都御苑のカタチ

Posted 2009.06.10


京都市内の中心部にあって、深い緑に包まれた京都御苑は、東西約700m、南北約1300mのほぼ長方形をしており、 このうち御所などを除いた約63haが「国民公園」として終日開放されています。 苑内には約5万本の樹木が生育し、外周九門や、かつての公家屋敷の遺構も多く残っています。 豊かな自然と歴史に恵まれた京都御苑は、御所の前庭として、また、散策、休養、スポーツ、 そして自然や歴史とのふれあいの場として多くの人々に親しまれています。
(撮影:2009年06月08日)

那須町指定名勝
堂の下の岩観音

堂の下の岩観音

Posted 2009.06.16


「堂の下」の集落の西部に芦野石の露頭が今にも崩落しそうな状態でそびえ、その中腹に観音堂が建っている。「堂の下」の地名はその地形から起こったもので、その麓には昔崩落した巨岩が横たわっている。そびえ立つ芦野石の露頭には、江戸時代以降の文字や、磨崖の像が刻まれており、古くから信仰があったものと思われる。周辺には「エドヒガン」桜や「ソメイヨシノ」桜の古木が季節を彩っている。
(撮影:2009年06月15日)

Y +150
Yokohama Day.

Y +150 Yokohama Day.

Posted 2009.05.15


光合成をしてみたいと思ったことはありませんか。光と風。 これを感じることができれば光合成に一歩近づいた気がします。 それはとても風が強い日の出来事です。
光合成と私の写真日記。
(撮影:2009年05月14日)

 

LEGENDARY91 +7th Anniversary
フラワーガーデン2009 in 横浜赤レンガ倉庫

フラワーガーデン2009 in 横浜赤レンガ倉庫

Posted 2009.04.14


横浜赤レンガ倉庫 LEGENDARY91 +7th Anniversaryのイベント。 開港150周年にちなみ、世界の7つの海を航海するストーリー仕立てで、7つのフラワーゾーンを展開。 49種類・約15万輪のお花で彩られる。
(撮影:2009年04月12日)

Y +150
Yokohama Sampo.

Y +150 Yokohama sampo.

Posted 2009.04.15


開国博150。横浜みなとみらい、関内、馬車道界隈を散歩。普段着の写真日記。
(撮影:2009年04月12日)

帆船日本丸 今年初の総帆展帆
よみがえる「太平洋の白鳥」

帆船日本丸 今年初の総帆展帆 よみがえる「太平洋の白鳥」

Posted 2009.04.13


横浜みなとみらいにひっそりとたたずんでいた白鳥は、Y150開国博の今年、大きな翼を広げてその雄姿を披露した。 「太平洋の白鳥」は蘇ったのだ。
(撮影:2009年04月12日)

 

母体の風景
- 京都・浄土宗大本山くろ谷金戒光明寺 -

母体の風景-京都・浄土宗大本山くろ谷金戒光明寺-

Posted 2008.11.26


叡山から下界へ。法然さんのこころは、「思い」などというなまやさしいものではなかった。 12世紀から21世紀まで。そして未来へ。子にそそがれる母の愛。すべての生き物がもつ愛の姿は同じである。
(撮影:2008年11月23日)

春・桜・影・風
- 横浜 三溪園 Yokohama Sankeien Garden -

春・桜・影・風 Yokohama Sankeien Garden-

Posted 2009.04.03


風が季節を運んで来る。四つの季節。影が光になる不思議な季節。それが春なのだ。 決して寿命が長いとはいえないこの花が、一年で一番明るい夜を運んで来た。
(撮影:2009年04月02日)

 
談山神社 - 紅葉と例大祭 -

談山神社 - 紅葉と例大祭 -

Posted 2008.11.19


季節の色がこんなに鮮やかなのは、天空からこの地に向けて降りそそぐ陽の光のお陰。 過去も未来も、常に現代でしか生きられないこの世のいきものにとって、 土の潤いと草木の輝きに触れることで、ひと時の時間旅行が許されるのだ。
(撮影:2008年11月17日)

 

 
龍安寺 Point of View

龍安寺 ポイント・オブ・ビュー

Posted 2008.10.20


龍安寺といえば石庭で有名ですね。でも、実は、石庭以外にも見所はいっぱいあるんですよ。 目を凝らして眺めてみてください。貴方の目線で。とびっきりの風景が訪れるはずです。
(撮影:2008年10月7日)

 
富士山 view point 鵠沼海岸

富士山 view point 鵠沼海岸

Posted 2008.11.02


日本サーフィン発祥の地 鵠沼海岸。 春・夏・秋・冬。 一年中サーフィンに興じるサーファーが大自然と闘い、癒され、喜び、悲しみ、 多くの感情を海と波と共にあります。 その雄姿は、富士のお山の瞼の裏に鮮やかに投影されていることだろう。
(撮影:2008年11月2日)

 
THE SUNRISE

THE SUNRISE 那須高原

Posted 2008.10.19


エネルギーの塊が上がってくる!
那須高原の日の出です。
(撮影:2008年10月17日)

 

 
ヨコハマ・チャイナタウン

ヨコハマ・チャイナタウン

Posted 2008.10.14


ここは、いきものの本性が表れる 衣・食・住 三拍子のワンダーランド。 そのリズムはワルツなどという優雅なものではない。 口ずさむのは TAKE  FIVE のメロディ。 変則リズムが似合う日本最大のチャイナタウン、ヨコハマ・チャイナタウン。
(撮影:2008年10月13日)

 
仁和寺 Point of View

仁和寺 ポイント・オブ・ビュー

Posted 2008.10.15


キンモクセイの香る10月。 紅葉まであとひと月。この季節の京都は静かだ。 目に映る風景がすべて瞼に染み込んで来る。
(撮影:2008年10月7日)

 
都会のオアシス、小石川後楽園

都会のオアシス、小石川後楽園

Posted 2008.10.12


世界の大都市 東京に、丹精に手入れされた自然のめぐみに浸れる所がある。 喧騒から遮断されたこの空間には強い気が流れているのだろう。 生き付くいのちは輝き、光を放ち、お互いをいたわりあっているのだ。
(撮影:2008年10月5日)

 

 
ヨコハマ散歩

ヨコハマ散歩

Posted 2008.09.27


一息付かせに ヨコハマ散歩はいかがだろうか
青い空 白い雲 光と影 風と空気 人と文化
ここは異星人の交差点

 
東寺 仲秋の京都ヨリ

東寺 仲秋の京都ヨリ

Posted 2008.10.10


なにげない日常ほどかけがえのないものはない
大切なことは、毎日繰り返すということだ
京都が古都といわれる由縁は、くらしの中に生き付いている色あせない日常があるからだ
(撮影:2008年10月4日)

 
Sky at sunset SATOYAMA JAPAN

MATSURI Summertime JAPAN 2008

Posted 2008.07.29


烈しい夕立 山を突き刺す稲光
この日 高篠地区の空を覆った積乱雲は
大粒の雨を 惜し気もなく 降らせてくれた
雨上がり 赤く輝く空は
今日のめぐみの感謝と 明日のくらしの平和を願い
手を合わせずに いられない アジマリカン

 

 
七夕2008 ライトダウン・ヨコハマ

七夕2008 ライトダウン・ヨコハマ

Posted 2008.07.07


TANABATA JAPAN 2008
夜は暗いものだ だから恐い
でも暗闇じゃないぜ
夜とうまくつきあっていれば 光かりは照らしてくれるんだ

 
MATSURI Summertime JAPAN 2008

MATSURI Summertime JAPAN 2008

Posted 2008.07.21


加須夏祭りの一光景

埼玉県加須市 八坂神社の夏祭り
山車に乗る若衆 見守る街衆 はしゃぐ子等
街が一つになった みんなが主役の夏祭り

 
夏至2008 ライトダウン・ヨコハマ

夏至2008 ライトダウン・ヨコハマ

Posted 2008.06.21


今夜 みてごらんよ 夜空を 森を 海の彼方を 君の瞳を
よく見えるだろ いろんな事が
今まで見えなかった事が こんなにもはっきりと見えるんだ

 

 
荒川・山岳 三峯神社

荒川・山岳 三峯神社

Posted 2008.06.22


御祭神は昔伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)で日本民族の始祖と仰がれる神さまです。 日本では最初の夫婦神で、日本の国、民族はこの神によって産みなされました。 創祀は景行天皇41年(111年)日本武尊によって祀られました。

 
日本の夏 水無月の秩父神社

日本の夏 水無月の秩父神社

Posted 2008.06.20


八意思兼命、知知夫彦命、天之御中主神、秩父宮雍仁親王。 四柱の御祭神に守られたここ秩父の盆地。暑い夏と底冷えの厳しい冬。祈りの春と実りの秋。 おおくのいのちに育まれ、自然の一部となり農に生きるくらしは、地球の未来につなぐ人間のあり方である。

Lohas Design Award 2008
第3回 ロハスデザイン大賞2008新宿御苑展

Lohas Design Award 2008 第3回 ロハスデザイン大賞2008新宿御苑展

Posted 2008.05.16


今年のテーマは、リニューアブル・デザイン。
renewableとは、再生可能な、という意味です。人間は生きていくうえで、 モノを消費します。 でも、モノの選び方、使い方、行動の仕方で、消費の仕方も変わってくるはず。 過去のものを再利用し、いまあるものを長く使い、再生可能な未来をつくり出し、そして二酸化炭素も減らす。
それが、リニューアブル・デザイン。

 

 
湘南・江ノ島鎌倉散歩

湘南・江ノ島鎌倉散歩

Posted 2008.03.26


早春の湘南を感じようと、僕たちは始発電車に飛び乗った。 江ノ島から鎌倉に向けて海岸通りを散歩。

歩き慣れない砂浜。重い鉄下駄を履いているような足取り。 でも、爽やかな吹く風と波音がこころを癒してくれる天然のセラピーは、 心身のコリをときほどいてくれる。

桜の開花がはじまったこの時期は、海遊び人もなく、のんびりとした湘南の海の短い安息日である。

Feel Green Campaign
高尾山・水をめぐる冒険

Feel Green Campaign 高尾山・水をめぐる冒険

Posted 2008.04.30


高尾山は東京都八王子市にある標高599mの山。

スポンジのように瑞々しいこの山の水系を探索してきた。

近年、この山をくりぬくトンネル工事が行政によって進められている。 瑞々しい水系を守れ!
僕たちは機会あるごとにこの山を訪れ、瑞々しさをレポートしたいと思う。 このウィンドウはフォトレポート第1弾である。

 
Photo Journal

Photo Journal

Updated 2009.07.08
51 photos


身近な風景を切り取ったWARATTE Photo Journal。
『Feel Green』 をテーマに、頭で考えるな!体で感じろ!をモットーにお伝えします。