Profile

ポンテとカブキの PROFILE は
blog top をご覧くださいまし

 

 

Your voice is welcome

メールは大歓迎です
team(AT)waratte.jp
(AT)を@に修正してください

 

 

Back Number

バックナンバーは
コチラです



2009.07.17

ミミズのしっぽ

カブキ:

ミミズのしっぽを踏んだら
「おんどれ なに さらすんじゃ」
みなたいな目をして俺を睨みよったから、
「ごめん 気ぃつかへんかった お詫びに むこうまで 連れていってあげる」
って、俺はミミズを手にとった。

ミミズはアスファルトの道を横断中。
この炎天下、アスファルトは真っ赤に燃えた石焼ビビンバの器の底に化けてる。
味見したベロが器の底にくっついて離れない。
ミミズは勇気がある。
ミミズは強い。
それでも、干上がった仲間は数多くいた。

田植えの前でも百姓仕事は暇がない。
しろ掻きをして、土をこねて、土の中の無数の命をよび覚ます。
菌や微生物や名もない生き物のお陰で早苗は育つ。
しろ掻きを終えた田んぼに水を張る。
真っ先にミミズが泳ぐ。
それを鳥が摘んで行く。
穂の国では、大昔から繰り返されてきた持続可能な連鎖だ。

燃えたアスファルトに焼かれるミミズ。
しっぽを踏んだ俺がミミズを運ぶ。
鳥も見向きもしないミミズのしっぽ。
道端の小さな土にミミズを埋めると、
ミミズが溶けて しっぽが宙を舞って飛んでった。


2009.07.17

 

back to blog top