Profile

ポンテとカブキの PROFILE は
blog top をご覧くださいまし

 

 

Your voice is welcome

メールは大歓迎です
team(AT)waratte.jp
(AT)を@に修正してください

 

 

Back Number

バックナンバーは
コチラです



2009.06.02

素晴らしき薬草 「ドクダミ」

ドクダミ草
ドクダミ草

ポンテ:

梅雨入り前のこの時期、あちこちで白くてかわいらしいドクダミの花を見かけます。 ドクダミは、毒を抑えるという意味の「毒矯み」から来ているそうですが、漢方生薬の正式名は「十薬(じゅうやく)」で、 馬に与えると十もの薬効があることがその由来とのことです。

いや、皆さん、ドクダミは、実にすごい毒消し効果があるのです。 ここで、若かりし頃のポンテの実体験をご紹介しましょう。

学生時代の夏休み、憎き口唇ヘルペスができました。 下唇がむずがゆいなと思っていたら、どんどん腫れてきて、痛みを伴うようになったのです。 口を開くと痛い程で、話もろくにできない状態でした。 お隣の外科に行こうかどうしようか考えていた時、母に来客がありました。 近くに住むMおばさんです。 私もよく知っている方なので、ご挨拶に行きました。
すると、Mおばさん、腫れあがった私の唇を見て言いました。
「どうしたの?随分ひどく腫れちゃってるけど」
私はヘルペスになってしまったことを告げ、見苦しくてごめんなさいと謝りました。
すると、「お宅はお庭にドクダミはえてない?」とMおばさん。
「ドクダミですか?裏庭に生えてますけど」と私。
「じゃあ、すぐにドクダミの葉っぱを5,6枚とってきて、そして水洗いして!」
「は、はい!」

そして、彼女はドクダミによるヘルペス治療薬のつくり方を教えてくれました。
[ 用意するもの ]

  1. ドクダミの葉 5、6枚
  2. アルミホイル 少々
  3. 焼餅用の網
  4. ガーゼ
  5. 絆創膏

[ 作り方 ]

  1. ドクダミの葉、5,6枚を水洗いする。
  2. アルミホイルで5x5cmくらいのお皿型容器をつくり、ドクダミの葉を入れる。
  3. コンロにお餅を焼くときに使う網を置き、ドクダミの葉を入れたアルミホイルの皿を載せ
    弱火にかける。
  4. アルミホイルの皿の中でドクダミの葉が溶けて、ペースト状になったら火を止めて冷ます。
  5. 患部の大きさに合わせてガーゼ(二重か三重にする)を切り、ドクダミペーストを載せる。
  6. ドクダミペーストonガーゼを患部にあてて、絆創膏でとめる。

さて、上記のとおりに私はドクダミペーストをつくり、下唇にあてました。
「痛い・・・(~_~;)」
痛みが増してきます。ズキンズキン脈を打つように痛んできました。 しかしMおばさんには、「明日の朝まで我慢するのよ!」と言われていたので、とにかく痛み止めも飲まずに一晩頑張りました。

翌朝。
いつの間にか痛みも引いています。 恐る恐る、唇にあてたガーゼをそっとはがしてみました。
す、すると・・!緑色のドクダミペーストに、なにやら白い膿みがくっついています!

「うえぇ~な、なにこれぇ!?」
が、唇は腫れも引いて赤みもとれ、すっかり元通りに戻っているではありませんか!
す、すごい!!
なんと、一晩で治ってしまったのです、あんなに酷かったヘルペスが!
ドクダミ様、Mおば様、ありがとう!!

そんなことがありました。
ヘルペスは癖になるといわれますが、その後、唇にヘルペスができたことは一度もありません。 すっかり毒を吸い取ってくれたようです。

利尿・緩下作用、血圧調整、毛細血管の強化作用、消炎作用など、ドクダミの効能は科学的にも証明されています。 日本人の代表的な薬草の1つであるドクダミ、皆さんも是非ご利用くださいな。

そうそう、ドクダミが花を咲かせている期間はせいぜい梅雨時前後の2ヶ月程度で、 秋以降は葉や茎も無くなってしまうそうです。御利益に預かるなら今のうちですぞ!?


2009.06.02

 

back to blog top