Profile

ポンテとカブキの PROFILE は
blog top をご覧くださいまし

 

 

Your voice is welcome

メールは大歓迎です
team(AT)waratte.jp
(AT)を@に修正してください

 

 

Back Number

バックナンバーは
コチラです



2009.02.18

節分と大晦日 節目にはけじめをつけてスッキリ

ポンテ:

先日、アメリカ人の友人ジョーンとの会話で興味深い話があったのでご報告です。
彼女は2月2日が誕生日。一言HAPPY BIRTHDAYを伝えようと2月3日の朝に電話をしました。  (時差の関係で3日の朝が2日の夕方になるんです)

ちょうどこれから家族でバースデーディナーをするところだということでした。 ところで、ポンテは今日は何をする予定なの?と聞かれたので、日本では今日、2月3日は節分という、旧暦の大晦日に当たる日で、 豆まきをして福を内にいれ、鬼を外に出すんだよ、という話をしたところ、  WOW! 日本人はいつもそうして節目のときに清めているのね、 西暦の大晦日に大掃除をしたり、旧暦の節分に豆まきしたり。 だからなんとなくスッキリして見えるのね、といわれました。

彼女が言うには、自分たち西洋人にはそういう節目がない。 いつも何かを引きずっていて、どこかでけじめをつけるとか清めるという意識がない。 自分もこれから誕生日の日をひとつのけじめとして、掃除をして豆まきをやろうと思う、と言っていました。

確かに、私たち日本人は節目とかけじめを大切にする民族かもしれないですね。 ジョーンが指摘したように、毎年暮れの大掃除はその最たるものといえます。 大掃除だけではなく、旧年中にお世話になった人にお礼をしたり、貸し借りの清算をしたり、 遣り残したことがないようにして物質的にも精神的にもけじめをつけて、 すっきりした気持ちで新年を迎えていますよね。 当たり前の習慣になっていますが、重要な意味を持っていることを改めて感じました。

豆まきも大掃除も手を抜かずにやらなくては!と思うポンテでした。


2009.02.18

 

back to blog top