Profile

ポンテとカブキの PROFILE は
blog top をご覧くださいまし

 

 

Your voice is welcome

メールは大歓迎です
team(AT)waratte.jp
(AT)を@に修正してください

 

 

Back Number

バックナンバーは
コチラです



2008.06.30

夏越しの大祓い祭   Summertime purification

横浜市戸塚区瑞穂神社での夏越しの大祓い祭

カブキ:

I wasn't feeling well physically in June. It was probably the worst month in the past six months since January. I always had low fever, and didn't have the energy to do even my favourite things.

My favourites are running and listening to the CDs of rakugo, Japanese comic story telling. But the distance I ran in June was only half of May, and I listened to only one rakugo CD, which was Teppo Yusuke performed by master Katsura Shijaku.

Well, you don't need to assign a quota for your favourite thing (e.g. a quota that you have to run as much as or more than the last month), so I don't have to care about the figures of my running distance or the number of times of listening to the CDs. This way I pursuade myself and try to feel relieved.

Half a year is passing, anyway. Yesterday, I went a shrine where I keep on friendly terms to participate in a traditional Shinto purification ritual of summertime to get myself purified from the bad things of the past six months.

Let me tell you one thing. When we are purified, it's not only sins, impurities and bad things that are purged away, but also good things. They say it's meaningful to wash away the good things as well.

Normally, we people tend to keep good things and ask God to cleanse away only the bad things. But that's no good.

Because the things we think good could be bad in the eyes of God and vice versa. We human beings cannot decide what is good or what is bad.

Therefore, we ask God to purify everything, both good and bad things. And what is more important is that we shouldn't keep anything in ourselves but release everything to always live with clean mind.

It would be difficult for us to keep pure and innocent mind all the time, but I will always remember this learning and try to overcome difficulties.

We've got another half a year and the life goes on forever. Let's cleanse away good and bad things every day.

Ajimarikan (mantra)

カブキ:

6月は体の調子が非常によくなかったです。 今年の6つの月の中で、一番悪かった月だったと思う。 微熱が続いてたし、好きなコトへの気力が全く湧かなかったです。

僕はランニングと落語のCD鑑賞がお気に入りなんだけど、 今月のランニングの走行距離は例月の半分の距離だし、 落語は、桂枝雀師匠の『鉄砲勇助』の演目しか聴いていない。

まぁ、好きなコトに対して、「前月と同程度か上回るのだ」 というノルマを設ける必要もないだろうから、 走行距離やCDの視聴回数といった数値などは意識しなければいいんだ、 と自分に言い聞かせて安心しようとしています。

今年も半分を過ぎようというこの時期、 昨日は、信心している古神道の神社で「夏越しの大祓い祭」が行われましたので、 今月のもやもやした気分や、この半年のよくできなかたコトをお祓いしていただきました。

実はこの「お祓い」、お祓いするのは罪科汚れや悪しきコト・モノだけではないのです。 良いコトも良いモノもお祓いすることに、大変意味があるといいます。

普通人は、良いコトは自分の懐にとっといて、 悪いコトだけを神様に清めていただこうと考えますが、それではダメなようです。

それは、人間が良いと思ったことが神様から見れば悪いことだったり、 逆に人間が悪いと思っていても神様から見れば良いことだったりするからということなんです。 人間が勝手に良し悪し決めることはできないのです。

だから、良いコトも悪いコトも一緒に神様にお祓いしていただく。 このことは同時に、自分の中にいつまでもとっとかないで祓ってしまいなさい。 そしていつもきれいな気持ちで生きていなさい。ということなんです。

常日頃、清純なこころでいることは難しいかもしれませんが、 このことは忘れずに乗り越えていこうと思います。

今年も半分が過ぎて残り半分といいますが、人性はずっと続いていくのですから、日々祓っていきましょう。

アジマリカン


2008.06.30

 

back to blog top