Profile

ポンテとカブキの PROFILE は
blog top をご覧くださいまし

 

 

Your voice is welcome

メールは大歓迎です
team(AT)waratte.jp
(AT)を@に修正してください

 

 

Back Number

バックナンバーは
コチラです



200.06.02

コミュニティ・シャトル・バスってどうだろう
How about Community Shuttle Bus?

PONTE:

We've seen a sharp increase of petrol prices since June, and people saying "I can't take my car anymore," "I have no choice but to refrain from driving a car," etc. It's truly embarrassing for those who has to drive cars as their business tool, but for those who hasn't it might be a good chance to step away from cars.

It's not that one or zero- you don't have to totally quit using cars. I just think that if we could make a conscious effort to reduce the scenes or opportunities of taking a car little by little, we'll be able to build up our physique and greater footwork.

Some people are shifting to use bicycles if it's not too far, but more people will be travelling by public transport such as buses, trains and undergrounds, so it's going to be the time when our sense of "public" will be tested.

"Even a chance acquaintance is decreed by destiny." Temper, temper! Let's smile! Because we're in the middle of the rainy season, we're suffering from terribly sultry days with high temperature-humidity index, and delayed jam-packed trains are making us really uncomfortable. But it's all in our mental preparedness. Things can happen. Let's be prepared and try to imagine the scene we are smiling instead of getting angry all the time.

Okay, let me come to the point. I would like to suggest a transportation system for today - how about Community Shuttle Bus hat allows passengers get on and off at any time and any place? This could be realised through a collaboration of a transportation system company and nearby shopping center. It's going to be fun if the shuttle bus users could get some kind of privileges like discount by earned points, etc.

If I was a chief of the town, I would like to realise this...!

カブキ:

6月に入って、ガソリン価格が異常な値上がりをして、
「もうクルマには、乗れませんね」 とか、
「クルマに乗るのを控えざるをえないね」 とか。
どうしてもクルマに乗るのが商売道具になってる方には、
大変なことだろうけど、商売道具じゃない方々には、
クルマ離れになる ”きっかけ” になるいい機会だと思う。

1(イチ)か0(ゼロ)じゃなくて。
乗る場面や乗る機会を徐々に減らそうと意識することで、 足腰のフットワークは鍛えられるんだと信じています。

少々の距離であれば、自転車に切り替える動きもあるようだが、
やっぱり、バスや電車などの公共機関を利用する方が、
増えてくるんだろうから、みなさんの 「公(おおやけ)」 の意識が試される時代になります。

「袖すり合うも他生の縁」 なんですから、そんなにカッカしないで、 ニコニコ していきましょうね。
梅雨に入って、蒸すわ、不快指数は上がるわ、電車は混むわ、電車は遅れるわ。
いろいろあるでしょうが、要はこころの準備次第です。
今から、「そういうこともあるわさ」って考えて、 そういう場面で、カッカしてる自分よりは、
ニコニコ してる自分をイメージしてこころの準備をしてください。

さて、こころの問題はそこまでとして、
こういう時代にふさわしい交通システムの提案です。
乗り降り自由のコミュニティ内シャトル・バス』 ってどうでしょう。
交通機関の会社と近所のショッピングセンターがコラボして、
シャトルバス利用者には、ポイントアップなどの特典を付けたりするんだ。

僕が町の酋長だったら、こんなことやってみたいな。


2008.06.02

 

back to blog top