feel next 生物多様性 Biological Diversity

 

Greetings

1992年に採択された 「生物多様性条約」 は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的とした 「国家戦略」 の策定を各国に求めています。 日本は、1995年に最初の国家戦略を策定し、2002年に1回目の改定を行いました。 さらに、その後の国内外の状況変化に対応し、2007年11月27日、第3次生物多様性国家戦略を閣議決定しました。

この戦略をわかりやすくまとめたパンフレット 「いのちは支えあう 第3次生物多様性国家戦略」 が作成され、配布が開始されました。ご希望の方は、下記のまでお申し込みください。

環境省自然環境局
生物多様性地球戦略企画室

このサイトは、閲覧された人たちに、生物多様性について理解する ”きっかけ” にしていただくことを目的に、 パンフレットから一部内容を抜粋して掲載しております。

 

 

人材アルケオロジー

ご自分やお子さんのもって生まれた個性を知って、そして伸ばしてあげてください。

こちらで詳細を説明しております。

 

 

いきものみっけて、くらしを変える

-生物多様性からみた地球温暖化-
いきものみっけ
環境省自然環境局生物多様性センター


いのちは支えあう


地球上の生物は、生命が誕生して以来、さまざまな環境に適応して進化し、 未知のものも含めると3,000万種ともいわれる多様な生きものが生まれました。 これらのいのちは、それぞれが網の目のようにさまざまな関係でつながっており、 長い年月をかけて現在の地球の姿を作りあげてきました。 私たち人間も地球という大きな生態系の一員であり、地球によって生かされているのです。

ところが、私たち人間は、世界各地で生態系を破壊し、たくさんの生きものたちを危機的状況に陥らせています。 今、地球上の生きものは、恐竜が滅んだときよりもはるかに速いスピードで絶滅しています。 私たちは、人間を含めた地球上のいのちが互いにつながりあい、支えあっていることをあらためて認識し、 常に謙虚にそして慎重に行動しなければなりません。



生物多様性とは - 「個性」 と 「つながり」


生物多様性条約では、生物多様性を 「すべての生物の間に違いがあること」 と定義しており、 3つのレベルでの多様性があるとしています。 地球上の生きものは、それぞれに個性を持ち、それらが森から海まで、そして、 食う・食われる、花粉を運ぶといったさまざまな関係でつながりあっています。 人間は、生物多様性がもたらす価値を将来にわたり上手に利用していくことが必要です。

生態系の多様性

東京湾の干潟、沖縄のサンゴ礁、白神山地の原生的な森林、釧路や尾瀬の湿原、 里地里山、大小の河川など、いろいろなタイプの自然があること。

種の多様性

大きなヒグマ、空を飛ぶトンボ、海を泳ぐ魚、ブナ、ヒノキなどの樹木、 ハコベやタンポポなど、動植物から微生物に至るまで、いろいろな生きものがいること。

遺伝子の多様性

アサリの貝殻の模様が千差万別なことなど、同じ種でも多様な個性があること。 異なる遺伝子をもつことにより、環境の変化や病気の蔓延起こっても、 全滅する可能性が低くなります。