feel next 4つの基本戦略

 

Greetings

1992年に採択された 「生物多様性条約」 は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的とした 「国家戦略」 の策定を各国に求めています。 日本は、1995年に最初の国家戦略を策定し、2002年に1回目の改定を行いました。 さらに、その後の国内外の状況変化に対応し、2007年11月27日、第3次生物多様性国家戦略を閣議決定しました。

この戦略をわかりやすくまとめたパンフレット 「いのちは支えあう 第3次生物多様性国家戦略」 が作成され、配布が開始されました。ご希望の方は、下記のまでお申し込みください。

環境省自然環境局
生物多様性地球戦略企画室

このサイトは、閲覧された人たちに、生物多様性について理解する ”きっかけ” にしていただくことを目的に、 パンフレットから一部内容を抜粋して掲載しております。

 

 

人材アルケオロジー

ご自分やお子さんのもって生まれた個性を知って、そして伸ばしてあげてください。

こちらで詳細を説明しております。

 

 

いきものみっけて、くらしを変える

-生物多様性からみた地球温暖化-
いきものみっけ
環境省自然環境局生物多様性センター


100年先のグランドデザインを見通したうえで、今後5年の間に重点的に取り組むべき施策の大きな方向性として4つの柱を示します。



Ⅰ 生物多様性を社会に浸透させる


私たちのいのちと暮らしを支えている生物多様性の保全の重要性が、子供たちの世代も含めて広く一般的な認識となるよう、社会に浸透させていきます。

  • 身近な暮らしに結びつけた広報の展開。
  • 地方自治体による生物多様性戦略づくりの促進、企業活動ガイドラインの作成、市民参加型調査の促進。
  • 教育・学習や農山漁村宿泊体験の促進、生物多様性に配慮した消費行動の提案。


Ⅱ 地域における人と自然の関係を再構築する


今後、人口が減少に向かい高齢化が進む中で、人と自然の関係を再構築していきます。

  • 未来に引き継ぎたい重要な里地里山の選定や新たな利活用策の検討、クマやシカなどが人里に
    出てきにくい地域づくり。
  • 生きものの生息・生育環境としての質を高める持続可能な農林水産業の推進と農山漁村の活性化。
  • トキやツシマヤマネコなどの野生復帰の推進、ブラックバスなど外来種対策の充実。


Ⅲ 森・里・川・海のつながりを確保する


それぞれの地域での取り組みだけでなく流域全体を視野に入れて、さまざまなスケールで森、里、川、海を連続した空間として保全・再生していきます。

  • 国立・国定公園などの保護地域を核とした生態系ネットワークの具体化、自然再生の推進。
  • 多様な森林づくり、都市内の水と緑のネットワークの形成、河川、湿原、水田など水系のネットワークづくり。
  • 漁業などの多様な利用と両立する自主的な資源管理や海域保護区のあり方の検討など、沿岸海洋域の保全・再生。


Ⅳ 地球規模の視野をもって行動する


わが国は、世界の生物多様性に影響を与えています。このことを認識し、地球規模の視野をもって行動していきます。 特に、アジア太平洋地域の生物多様性の保全についてリーダーシップを発揮し、国際的な連携を進めます。

  • 自然との共生のモデル 「SATOYAMAイニシアチブ」 の世界への発信。
  • 2010年目標の達成に向けて、わが国の生物多様性の全体像を把握するための総合評価の実施。
  • モニタリングの充実を含む生物多様性の観点からの、地球温暖化の緩和への貢献と影響への適応。
  • サンゴ礁や渡り鳥の保全などの国際協力の推進。