feel next グランドデザイン

 

Greetings

1992年に採択された 「生物多様性条約」 は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的とした 「国家戦略」 の策定を各国に求めています。 日本は、1995年に最初の国家戦略を策定し、2002年に1回目の改定を行いました。 さらに、その後の国内外の状況変化に対応し、2007年11月27日、第3次生物多様性国家戦略を閣議決定しました。

この戦略をわかりやすくまとめたパンフレット 「いのちは支えあう 第3次生物多様性国家戦略」 が作成され、配布が開始されました。ご希望の方は、下記のまでお申し込みください。

環境省自然環境局
生物多様性地球戦略企画室

このサイトは、閲覧された人たちに、生物多様性について理解する ”きっかけ” にしていただくことを目的に、 パンフレットから一部内容を抜粋して掲載しております。

 

 

人材アルケオロジー

ご自分やお子さんのもって生まれた個性を知って、そして伸ばしてあげてください。

こちらで詳細を説明しております。

 

 

いきものみっけて、くらしを変える

-生物多様性からみた地球温暖化-
いきものみっけ
環境省自然環境局生物多様性センター


豊かで健全な自然が広がる国土。渡り鳥の飛来地など国境を越えた生態系ネットワーク。 生物多様性保全と持続可能な利用が組み込まれた企業活動。 国内資源が有効に利用されることで世界の生物多様性に与える影響が軽減された社会。 そして、生物多様性に配慮した新しいライフスタイル。 それが私たちの目指す100年先の国土の姿です。ここでは未来の国土のイメージを描いてみます。



Ⅰ 奥山自然地域


地方ごとにまとまりのある自然環境が、十分な広がりをもって保全されている。 自然優先の管理を基本とし、人間活動による生態系への影響が最小限に抑えられている。



Ⅱ 里地里山・田園地域


田んぼ、ため池などに豊かな生物多様性が保たれ、持続可能な農業が活性化している。 積極的に維持管理を図ることとされた里地里山では、エコツーリズムやバイオマスなど新たな資源利用が都市住民や企業との協働により行われ、 クマ、シカ、イノシシなどの鳥獣とのすみ分けが進んでいる。



Ⅲ 都市地域


森のような大規模な緑地が広がり、幼い子供たちが土の上で遊び、身近に生きものとふれあえる空間が点在している。 人々は生物多様性に配慮した商品を積極的に購入し、持続可能な消費行動が定着している。



Ⅳ 河川・湿原地域


河川本来のダイナミズムと豊かな水量がよみがえり、河口干潟には渡り鳥が飛来し、ナマズやギンブナが河川と水田を行き来している。 地下水や湧水が豊かになり、地域の生活と調和した日本らしい川が復活している。



Ⅴ 沿岸域


豊かな生命をはぐくむ沿岸域では、河川上流での森づくりにより、豊かな漁場が保全されるとともに、 北の海ではアザラシが、南の海ではジュゴンが泳いでいる。干潟ではアサリやシオマネキなどが豊かに生息し、 人々が潮干狩りを楽しんでいる。



Ⅵ 海洋域


クジラやウミガメが回遊し、ホエールウォッチングなどのエコツアーにより地域が活性化している。 科学的な資源管理により持続可能が漁業が営まれている。 国際的な連携により、生態系に影響を与える海洋汚染の防止や除去の取り組みが進んでいる。



Ⅶ 島嶼地域


特有の生態系や固有の生物相の価値が住民に浸透し、外来種の進入を防ぐため水際でチェックが進み、 島ごとに特徴ある自然をいかしたエコツアーが盛んに行われている。