feel next 次なる100年に向けて

 

Greetings

1992年に採択された 「生物多様性条約」 は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的とした 「国家戦略」 の策定を各国に求めています。 日本は、1995年に最初の国家戦略を策定し、2002年に1回目の改定を行いました。 さらに、その後の国内外の状況変化に対応し、2007年11月27日、第3次生物多様性国家戦略を閣議決定しました。

この戦略をわかりやすくまとめたパンフレット 「いのちは支えあう 第3次生物多様性国家戦略」 が作成され、配布が開始されました。ご希望の方は、下記のまでお申し込みください。

環境省自然環境局
生物多様性地球戦略企画室

このサイトは、閲覧された人たちに、生物多様性について理解する ”きっかけ” にしていただくことを目的に、 パンフレットから一部内容を抜粋して掲載しております。

 

 

人材アルケオロジー

ご自分やお子さんのもって生まれた個性を知って、そして伸ばしてあげてください。

こちらで詳細を説明しております。

 

 

いきものみっけて、くらしを変える

-生物多様性からみた地球温暖化-
いきものみっけ
環境省自然環境局生物多様性センター




3つの目標


豊かな生物多様性を将来にわたって継承し、その恵みを持続的に得ることができる 「自然共生社会」 づくりのための目標として、次の3つの目標を掲げます。

目標1

各地域に固有の動植物の生態系の保全、生態系ネットワークの形成により、 国土全体の生物多様性を維持・回復すること。 とりわけ、種の絶滅のおそれが新たに生じないようにするとともに、 現に絶滅の危機に瀕した種の回復を図ること。

目標2

生物多様性を絶滅させない方法で、世代を超えて、国土や自然資源の持続可能な利用を行うこと。

目標3

国際的な視点や国民のライフスタイルの転換を含めて、生物多様性の保全や持続可能な利用を社会経済活動の中に組み込むこと。



生物多様性から見た国土のグランドデザインと「100年計画」


明治神宮の森も、100年先を考えて新たな人の手で作られました。 100年近い年月を経て、今では豊かな森林の生態系がみられます。

第3次生物多様性国家戦略では、自然生態系の回復に必要な時間を踏まえ、 100年先を見通した国土の目標像を 「グランドデザイン」 として示しています。

過去100年の間に破壊してきた国土の生態系を、人口が減少に向かう次なる100年をかけて回復する 「100年計画」 として、国土全体の自然の質を着実に向上させることを目指します。