feel next 力を合わせて

 

Greetings

1992年に採択された 「生物多様性条約」 は、生物多様性の保全と持続可能な利用を目的とした 「国家戦略」 の策定を各国に求めています。 日本は、1995年に最初の国家戦略を策定し、2002年に1回目の改定を行いました。 さらに、その後の国内外の状況変化に対応し、2007年11月27日、第3次生物多様性国家戦略を閣議決定しました。

この戦略をわかりやすくまとめたパンフレット 「いのちは支えあう 第3次生物多様性国家戦略」 が作成され、配布が開始されました。ご希望の方は、下記のまでお申し込みください。

環境省自然環境局
生物多様性地球戦略企画室

このサイトは、閲覧された人たちに、生物多様性について理解する ”きっかけ” にしていただくことを目的に、 パンフレットから一部内容を抜粋して掲載しております。

 

 

人材アルケオロジー

ご自分やお子さんのもって生まれた個性を知って、そして伸ばしてあげてください。

こちらで詳細を説明しております。

 

 

いきものみっけて、くらしを変える

-生物多様性からみた地球温暖化-
いきものみっけ
環境省自然環境局生物多様性センター


生物多様性の保全と持続可能な利用は、政府による取り組みだけで実現されるものではなく、 さまざまな主体の積極的な参画とお互いの連携・協働が欠かせません。



地方公共団体の取り組み


自然には地域ごとに個性があることから、それぞれの地域における取り組みが重要です。 地方公共団体には、国家戦略を地域での活動につなげていく役割が期待されています。



企業の取り組み


企業の活動は、原材料の調達や工場の建設などを通じて、生物多様性に影響を与えています。 一方で、生きものに由来する原材料や遺伝情報の利用などにより恩恵を受けています。 このため、生物多様性の保全と持続可能な利用を、企業がみずからの活動全般の中に組み込むことが大切です。



NGOなど市民団体の取り組み


地域に根ざした活動などを担う役割の強化が求められます。 広く個人の参加を受け入れるためのプログラムの提供・体制づくり、 専門的な知見や経験を生かした企業・博物館との連携、その取り組みの支援・促進も期待されます。



ひとりひとりの取り組み


生物多様性の保全と持続可能な利用は、身近な暮らしと密接な関わりがあります。 多くの食料や木材、生きた動植物を輸入していることを認識し、生物多様性の保全に積極的に取り組む企業の商品を選択的に購入する、 外国産のペットを野外に放さず最後まで飼うなど、私たちひとりひとりの小さな行動の積み重ねが大切です。